タグ別アーカイブ: トークショー

外務省「第10回 日本国際漫画賞」授賞式、記念シンポジウム 開催

2月6日(月)、外務省が主催する「第10回 日本国際漫画賞」の授賞式が開催、本年度の優秀作品が表彰されました。
また第10回を記念したシンポジウムが開催。基調講演ではマンガジャパン代表・里中満智子先生が、パネルディスカッションでは会員の倉田よしみ先生が登壇されました。

外務省「第10回 日本国際漫画賞」授賞式

「日本国際漫画賞」は漫画文化を通じて国際交流と相互理解の輪を広げるべく平成19年から開催している漫画賞。
日本の漫画文化が海外に広まった感謝の意も込めて、海外の優れた作品を顕彰するのが、最大の特徴になります。
第10回の節目となる今回からこれまでの「国際漫画賞」から名称変更となりました。

今回は、ベルギーで出版された「The Moster of Arms」【剣の師】(漫画:ジョエル・パルノット、原作:グザビエ・ドリゾン)が最優秀賞に選ばれたのをはじめ、中国・ベルギー・ベトナムから優秀賞が選ばれました。
賞の詳細は、「日本国際漫画賞」のホームページをご覧ください。

日本国際漫画賞:http://www.manga-award.mofa.go.jp/index.html

 

また、授賞式の前には記念シンポジウムを開催。

里中満智子先生の基調講演では審査委員を第1回から努めている立場から、「日本国際漫画賞」がどのように発展していったのかを講演。日本漫画の歩みと海外への発展の流れをきっかけに「日本国際漫画賞」が始まったことが語られました。

講演では歴代の最優秀作品を振り返り、第1回こそ日本でも著名な香港人作家・李志清氏の作品が受賞したものの、第5回のケン・ニイムラ氏(スペイン)、第8回のナンバラル・エルデネバヤル氏(モンゴル)など、以降はこの賞を契機に注目度が高まった作家を数多く輩出していることを挙げ、海外作家の評価という面でも意義深い賞となっていると言えるでしょう。

【関連】ebookjapan 「マンガ家が描いた絵本」電子書籍
※ナンバラル氏の作品が絵本として配信中です。

続くパネルディスカッションでは、翻訳家のフレデリック・L・ショット氏、KADOKAWA海外事業部の吉田さをり氏、そしてマンガ家・倉田よしみ先生が登壇。

“世界のマンガ文化をアメコミ・バンドデシネ・日本マンガ に大別してのそれぞれの特徴や流行の推移について”、“中国圏でのマンガ展開やマンガ教育について”、“各国でのワークショップを通じてのマンガ文化の根付き方に対する印象について”など、各々の立場から世界のマンガ文化の状況を述べ、今後の展望や期待が語られました。

【関連】モンゴル遊牧マンガ協会 第一回「アニメーションコミックアワード」
※倉田先生のモンゴルでのワークショップの様子を取り上げています。

授賞式の様子

レセプションの様子

「ビッグ錠のわが町とマンガ展」のお知らせ

2月17日(金)〜2月26日(日)、神奈川県・湘南台にて「ビッグ錠のわが町とマンガ展」が開催されます。

ビッグ錠のわが町とマンガ展
ビッグ錠のわが町とマンガ展

料理勝負マンガの先駆けと知られるマンガジャパン会員・ビッグ錠先生は、神奈川県の湘南台に在住して45年。
代表作「包丁人味平」をはじめとした作品の数々は、湘南台で生まれたとのことです。

今回の展示会は数多くのビッグ先生の作品と、マンガを活かした町づくりへの関わりについてを振り返る回顧展。
回帰中はビッグ先生とマンガ家仲間が登壇するトークショーや、ミュージックライブなども開催予定!!
ビッグ錠先生の熱量の高い作品の数々を、昭和という時代を感じながら味わってみてはいかがでしょうか。

ビッグ錠のわが町とマンガ展

会期:2017年2月17日(金)〜2月26日(日)
展示:12:00〜19:00
会場:湘南台駅地下イベント広場(横浜市営地下鉄改札口前)

主催:湘南台地区文化創造推進協議会
   (「ビッグ錠のわが町とマンガ展」実行委員会)
共催:湘南台地区強度づくり推進会議、藤沢市

イベント①:
 2月19日(日) 13:00〜 「グルメ漫画家たちのグルメ会議」
 <出演>倉田よしみ、土山しげる、ビッグ錠
 2月19日(日) 14:30〜 サイン会(枚数限定)

イベント②:
 2月22日(水)13:00〜 ミュージックライブ
 <出演>浜野ケイ子、ほか

イベント③:
 2月26日(日) 13:00〜 トークショー「昭和マンガのあれこれ」
 <出演>川崎のぼる、南波健二、ビッグ錠
 2月26日(日) 14:30〜 サイン会(枚数限定)

【文化庁メディア芸術祭20周年企画展-変える力】関連イベント シンポジウム『「メディア芸術祭」の20年』開催 代表・里中満智子先生が登壇

2016年11月5日(土)、東京秋葉原・アーツ千代田 3331にて文化庁メディア芸術祭20周年展関連のシンポジウムが開催され、マンガジャパン代表・里中満智子先生が登壇しました。

jmaf20th-satonaka_161105-1

このシンポジウムでは里中代表のほかに、ゲームクリエイターの岩谷徹氏やアニメーション監督の富野由悠季氏ら、文化庁メディア芸術祭において審査委員や運営委員を務めてきた人物が登壇するという貴重な機会となりました。

文化庁メディア芸術祭は元々「文化庁芸術祭」を下地に、芸術祭では評価が難しいながらも世界的に評価されつつあったマンガ・アニメ・ゲームなどの分野を顕彰・公表するために立ち上げられました。
企画の立ち上がりから後付け的に「メディア芸術」という名称が用いることとなりますが、その結果それまでカテゴライズが難しかったマンガ・アニメ・ゲームなどを総称する名称として定着することとなります。
多くの要素を文化庁芸術祭と共通してきた文化庁メディア芸術祭でしたが、独自の試みであった”国内・国外を問わず広く作品を募集する”という面を一貫したことで、世界的に作品が集まる、文化庁芸術祭とは一線を画する祭典として成長することになりました。

また文化庁メディア芸術祭が活気付くのに伴い、メディア芸術作品を収蔵する施設の必要性が語れる場面が増えていき、2009年頃には「国立メディア芸術総合センター構想」が持ち上がりました。
アート部門やエンターテインメント部門の作品は自由な発想が故に保持スペースを必要とするものが多く、またかねてより危惧されていたアニメーターの労働環境の改善の一助にもなるものとして、大いに期待が持たれていましたが、当時の時流や政権交代の影響を受けてしまい、残念ながら実現は叶いませんでした。
登壇者の中でも里中代表は当時精力的に訴えかけを行っていた人物の一人で、並々ならぬ苦労があったことを語られていました。

今回登壇したマンガ・アニメ・ゲーム、いずれの分野も様々な規制法と表現の自由との兼ね合いに苦しんできた分野でした。
クリエイターは作品を生み出すので精一杯。とはいえ自らの作品づくりの環境に目を向けて意思表明を行わなくては、創作活動を未来へ繋げることは難しいと言えます。
その意味では「メディア芸術」として国から顕彰され評価される機会が20年続いたことは非常に価値あることと言えます。これまでの20年の「メディア芸術」作品から学び、この先の数十年の未来の「メディア芸術」へ繋がっていけば幸いと思います。

当日の様子

一部写真提供:CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)

「メディア芸術祭」の20年

日 時: 11/05 (土) 15:00-16:30
会 場 :アーツ千代田 3331 [2階 体育館]
定 員 :200名

出 演 :建畠 晢(多摩美術大学長/文化庁メディア芸術祭運営委員)
    岩谷 徹(ゲームクリエイター/東京工芸大学教授/
元エンターテインメント部門審査委員)
    里中 満智子(マンガ家/元アニメーション部門・マンガ部門審査委員)
    富野 由悠季(アニメーション監督/元アニメーション部門審査委員)
    佐伯 知紀(映画映像・メディア芸術研究者/前文化庁主任芸術文化調査官)
モデレーター :文化庁担当者

詳細ページ:http://20anniv.j-mediaarts.jp/event/33/

 

【日本財団】2016年「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」選出作品発表&トークショー 開催

2016年10月25日、3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)にて日本財団が主催する「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」選出作品発表&トークショーが行われました。

2016_kore-mo_1
2016年「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」

「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」は、マンガの魅力である「楽しさ」「分かりやすさ」「共感力」に基づいて、新しい世界の発見や学びにつながるマンガを選出・発表するプロジェクト。
2015年は100作品が選出されましたが、2016年は50作品を追加で選出し、合計150の作品が並ぶことになります。

公式サイト:http://gakushumanga.jp

イベントは2部に分かれており、1部では選考委員長を務めた一般社団法人マンガジャパン代表・里中満智子先生が開会の挨拶と選出作品の発表を行いました。
第2部「マンガ×学び」ではトークイベントが開催。前半には『私とマンガと学び』をテーマに里中満智子先生のトークショーが、引き続いて後半にはゲスト3名とMCを加えた4名による『みんなで語ろう「これが俺の学習マンガだ!」』と題したトークディスカッションが行われました。ディスカッションでは 一人一人自分なりの「学習マンガ」を熱く語り、会場の参加者もうなずきながら熱心に聴き入っていました。

2016年「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」
選出作品発表&トークショー 概要

日時:2016年10月25日(火)
受付開始 17:30
開催時間 18:00~20:30(2部制)
会場:3331 Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース
東京都千代田区外神田6丁目11の14

<1部>18:00~19:00
   選書委員長(里中満智子 先生)あいさつ▽2016年選書作品発表▽質疑応答
<2部>19:00〜19:30
 里中満智子先生トークショー「私とマンガと学び」
    19:30〜20:30
 トークディスカッション「みんなで語ろう “これが俺の学習マンガだ!”」
   (自分自身の「マンガ×学び」の体験を棚卸し、共有するディスカッション型トーク)
  ゲスト:工藤啓さん(認定特定非営利活動法人育て上げネット理事長)
      江口晋太朗さん(編集者・ジャーナリスト/TOKYObeta Ltd. 代表取締役)
      吉田倫子さん(日本図書館協会認定司書/ヤングアダルトサービス研究会事務局)
  ファシリテーター:山内康裕さん(「これも学習マンガだ!」選書委員/事務局長)

当日の様子

 

また、今年より新企画『これが俺の学習マンガだ!』と題し、自分にとっての「学び」となった「新しい世界を知った」マンガ作品の募集を公式サイトにて行うことになりました。

投票結果は作品毎に集計・ランキングされ、”みんなの「学習マンガ」総合ランキング” として2016年12月中旬に中間発表、2017年1月下旬に最終発表されます。

詳細は以下のリンクをご覧ください。
ぜひ、皆さんが多くのことを学んだと自信を持って薦める”俺の学習マンガ”を教えてください!

『これが俺の学習マンガだ!』

応募期間:2016年10月25日(火曜日)
     ~2017年1月12日(木曜日)
応募ページ:
 http://koregaoreno.gakushumanga.jp/index.php

【文化庁メディア芸術祭20周年企画展-変える力】関連イベント シンポジウム「マンガ史の遠景と近景」会員の犬木加奈子先生が登壇

2016年10月22日(土)、日比谷図書文化館にて文化庁メディア芸術祭20周年展関連のシンポジウムが開催され、会員の犬木加奈子先生が登壇しました。

jmaf20th-inuki_161022-1 jmaf20th-inuki_161022-2

このシンポジウムでは文化庁メディア芸術祭20年の過去の受賞作品を、登壇者の犬木加奈子先生や武富健治先生・清水勲先生の当時の活動と照らし合わせながら振り返り、語り合われました。
また、審査員を務めた時の受賞作品は、審査をされた時のエピソードなど、この会場ならではの話も聞くことができ、会場を盛り上がらせました。

文化庁メディア芸術祭のマンガ部門は、出版社などの一般的なマンガ賞ではあまり選定されない様な作品が多く受賞しており、正にメディアを扱う芸術祭の性格を物語っている様に思えます。
また、各年の受賞作品を一覧で眺めると興味深いものがありました。

マンガ史の遠景と近景

日 時:10/22 (土) 14:00-17:00
会 場: 千代田区立日比谷図書文化館 [B1階 コンベンションホール]
定 員 :200名

出 演 :【第1部】
    清水 勲(漫画・諷刺画研究家)
    佐々木 果(漫画編集者、漫画・アニメ評論家・研究者)
    【第2部】
    清水 勲(漫画・諷刺画研究家)
    犬木 加奈子(マンガ家/大阪芸術大学客員教授/マンガ部門審査委員)
    武富 健治(マンガ家/第11回マンガ部門優秀賞『鈴木先生』)
聞き手:戸田 康太(文化庁文化部芸術文化課支援推進室メディア芸術交流係研究補佐員)

詳細ページ:http://20anniv.j-mediaarts.jp/event/13/