「マンガ制作・流通技術ガイド」報告会のお知らせ

マンガの制作・流通におけるデジタル化は、ますます活発なものになっています。 経済産業省では、タブレットやスマートホンでも手軽にマンガが読めるようになった現状を踏まえ、マンガ等のデジタル制作工程に関する調査を実施。この成果を「マンガ制作・流通技術ガイド」として報告することとなりました。 報告会にて行われるパネルディスカッションでは、マンガジャパン代表・里中満智子先生が登壇。日本、そして世界におけるデジタル時代のマンガについて意見を述べる予定です。詳細は下記ならびにこちらのホームページをご覧ください。


マンガ等のデジタル制作工程の整備に係る調査

−電子配信と印刷出版のサイマル化、国内・海外展開のサイマル化のために−

「マンガ制作・流通ガイド」報告会


日時 :2015年7月22日(水)14:00〜16:00(開場13:30)

会場 :経済産業省本館 17階 第1〜3共用会議室

    (http://www.meti.go.jp/intro/index_access.html)

定員 :100名(申込先着順、定員になり次第締め切り)

受講料:無料

主催 :一般財団法人 デジタルコンテンツ協会

協力 :一般社団法人 電子出版制作・流通協議会

    デジタルマンガ協会

    コミック出版社の会

    アニメ・マンガ人材養成産学官連携コンソーシアム

    株式会社ヒューマンメディア


【プログラム】

13:00〜14:30 第1部:調査報告

・基調報告「デジタル技術によるマンガの制作・流通の可能性」

・「マンガ制作・流通の現状、国内・海外に向けた印刷出版・電子配信」

・「デジタル作画の工程・仕様とその実証」


14:00〜15:30 第2部:パネルディスカッション

・「日本で、世界で、デジタル時代のマンガとは?」


【参加申込】

・一般財団法人 デジタルコンテンツ協会 調査部

http://www.dcaj.or.jp/news/2015/07/post-24.html

0回の閲覧

一般社団法人

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon