文化庁メディア芸術祭20周年企画展-変える力 のお知らせ

文化庁メディア芸術祭の開催20周年を記念した企画展が、東京秋葉原・アーツ千代田 3331をはじめとした各会場で開催中です。


文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門から優れた作品を顕彰するとともに、作品鑑賞の機会を提供してきた、メディア芸術の総合フェスティバルです。1997年から始まり、回を重ねるごとに国際的にも発展してきました。

今年度はメディア芸術祭20周年。これを記念した企画展として「変化」をキーワードに、歴代の受賞・審査委員会推薦作品の展示・上映が行われることになりました。


メディアをはじめとした環境の20年の変化を感じ取り、これからのメディア芸術を考えさせられる場となるでしょう。


詳細は20周年企画展ウェブサイトをご覧ください。


文化庁メディア芸術祭20周年企画展-変える力

期間 :2016年10月15日(土) 〜 11月6日(日)

会場 :アーツ千代田 3331

     会期中無休 会場時間11:00〜19:00 ※最終入場18:30

    NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

    UDX THEATER

    国立新美術館

    千代田区立日比谷図書文化館

     開場時間、休館日は会場によって異なります。

入場料:無料


主催:文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会


☆本企画展に関連して、トークイベントなどが多数開催予定!☆




【7月14日】記者発表会の様子

7月14日、会場となるアーツ千代田 3331にて記者発表会が開催。

本展示会では実行委員を務めている、マンガジャパン代表・里中満智子先生が出席しました。


メディア芸術祭では全体的に技術進歩を活用し革新的な作品が多く選ばれる一方で、比較的技術が確立されているマンガ部門においては時事や情勢などの観点から作品が選ばれやすく、他部門とは異彩を放っています。

また、女性作家の受賞者が増えていることや、若手からベテランまで選出されてくるようになったこと、年々国外からの作品応募者が増えていることなどを理由に、ますますバラエティの豊かな受賞作品が並ぶようになってきました。


今回のロゴマークは20本の直線が20周年を表したもの。

メディアの変化とともにあった各作品を通して見ることで、未来へ続くメディア芸術の流れを感じ取れる展示会となりそうです。



【10月14日】内覧会・開会式の様子

10月14日、関係者・記者向けの内覧会と開会式が開催されました。


開会式では出展作家を代表して3組のアーティストが出席。

第3回 デジタルアート(インタラクティブ)部門 優秀賞を受賞した明和電機さんによるスペシャルパフォーマンスは、会場を大いに盛り上げました。


会場では、メディア芸術祭のこれまでの受賞作品が展示・上映されており、特にマンガ部門では歴代受賞作品を自由に閲覧できる読書スペースが用意されています。

入場は無料。ぜひ足を運んでいただき、メディア芸術20年の移り変わりを実感していただければと思います。


0回の閲覧

一般社団法人

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon