「漫画村」についての見解

今話題になっている「漫画村」へのご意見お問い合わせについて私共の見解とお願いを述べさせていただきます。
世の中には「無料でマンガが読める」配信元も多くあります。それらと「問題のある違法業者はどう違うのか?」と悩む読者も多いと思います。

民放テレビ番組を例に説明しますと民放のテレビ番組は無料で視聴できます。スポンサーが制作費を提供して、制作者は番組を創り上げた人たちに対価を支払います。
視聴者は無料で番組を視聴していても、制作現場ではちゃんと対価が発生しているのです。

同じようなことが無料でマンガが読めるいくつかのサイトにも言えます。
読者は無料で読んでも、民放テレビ番組と同じようなシステムで創作者側に対価が発生する仕組みになっているのです。
当然、配信業者と作家の間には契約が取り交わされています。
以上は常識的なルールで運営されている配信の場合です。

しかし、違法コピーサイトの運営や、違法コピーサイトへ誘う紹介サイトの運営者は作者に無断で作品を利用し、作品を創り出した人々への対価や敬意などはなく、自分たちだけが広告収入を得ています。
民放テレビ局が、スポンサーからの対価を制作現場に支払わないと何が起こるでしょうか?
制作費が無くなる訳ですから番組そのものを作る人はいなくなってしまいます。
マンガの作り手も同じです。

違法コピー版を読む人が増えればふえるほど、正規版の売り上げは落ちていきます。
作者、版元、書店、流通すべての人々の努力と熱意が無視されるのです。
制作費や経費の還元が無くなれば仕事として成立しなくなり、やがてマンガ業界は滅んでしまうでしょう。新作も生み出されなくなってしまいます。
反対に違法コピーのサイトにアクセスが増えれば増えるほど、違法コピー業者には広告収入が入ります。彼らは自分の売り上げしか考えないのでマンガの制作現場の将来がどうなってもいいのでしょう。
彼らはマンガそのものが好きなのではなくマンガを利用しているだけなのです。

違法を取りしまるための法的対策は後手後手に回り、速やかに取り締まることができにくい状態です。
しかし読者のみなさんの協力で違法コピー業者を追い詰めることは可能です。
「アクセスしないこと」が一番の協力になるのです。
読者の皆さんはどうか違法なページ、およびそのページへの誘導サイトにはアクセスしないでほしいのです。
「どこが違法業者かわからない」場合もあると思いますので、少なくとも「こうして世の話題になっているところへはアクセスしない」と考えていただけたら嬉しいです。

そして「アクセス数の多いところに広告を出そう」とお考えのスポンサーの皆さんにお願いがあります。
正常なルールでの商習慣のためにも、こういうところに広告を提供しないでいただきたいのです。広告の効果を考えるとアクセスの多いところは魅力的ですが、健全な商習慣を守るためにもご理解をよろしくお願いします。

マンガジャパン協力「としまマンガ・アニメフェスタ」開催!

「マンガとアニメがつながる2日間」
かつてトキワ荘のあった「マンガの聖地としま」で、マンガとアニメを観て、聴いて、体験して楽しもう!

マンガジャパン会員、三浦みつる先生(17日)、山田ゴロ先生(18日)がトークショーを行い、
石山東吉先生、つかお先生、ねもと章子先生、ひのもとめぐる先生、山田うさこ先生、、が企画スペースで似顔絵を行います。

是非お越しください!

○2日間共通開催
・自治体、関連団体ブース出展
【出展予定】中野区、練馬区、杉並区、一般社団法人アニメツーリズム協会、一般社団法人マンガジャパン、としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会、石ノ森萬画館、石ノ森章太郎ふるさと記念館、等
・紫雲荘プロジェクト3期生による、「マンガ体験教室」
・アニメイト“中の人”によるトークイベント
・東京アニメアワードフェスティバル連携イベント アニメ上映会
・フォトブース
・マンガコーナー
・似顔絵コーナー

○2月17日(土)
・オープニングセレモニー
・~マンガ・アニメから飛び出した舞台~ 小南光司さんトークショー
・特別企画「トキワ荘を語る」 三浦みつる氏講演

○2月18日(日)
・(仮称)マンガの聖地としまミュージアムについて
・フクロウ戦士トシマッハイベント
・特別企画「トキワ荘を語る」 山田ゴロ氏講演
・NPO法人はばたけ千早による紙芝居上演 タイトル「トキワ荘のヒーローたち」

としまマンガ・アニメフェスタホームページ:
http://www.toshima-mangaanimefesta2018.com

【完売】マンガジャパン会員三浦みつる先生「バック・トゥ・The♡かぼちゃワイン」予約販売終了!

マンガジャパン会員の三浦みつる先生の最新作「バック・トゥ・The♡かぼちゃワイン」の受注は好評につき、予定数に達したため、受注受付を終了いたします。
ご注文された方々、宣伝して下さった方々、誠にありがとうございました!

三浦みつる先生の原作漫画「The♡かぼちゃワイン」は、チビで女嫌いの硬派を自称する青葉春助と、彼に一目ぼれした「エル」こと朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタラブコメディです。1981年〜1984年まで「週刊少年マガジン」で連載され、テレビアニメ化、映画化と大ヒットになりました。
三浦先生は2015年6月に、同漫画のスピンオフとして描き下ろし短編『バック・トゥ・The♡かぼちゃワイン』を企画し、クラウドファンディングで支援を呼びかけ、わずか1ヶ月で目標を達成しました。
2017年年末にクラウドファンディングのサポーター向けに先行提供していましたか、1月20日通常販売を開始いたします!
ご購入をご検討の方は振込先等をご確認の上、ページ下部の注文フォームをご記入ください。

 

「バック・トゥ・The♡かぼちゃワイン」

スライドショーには JavaScript が必要です。

A4上製本
巻頭カラー176ページ
価格:本体3,000円+送料(ゆうメール)350円
※振込み金額は3,350円となります。
※振込み手数料は購入者負担
※ご購入はお一人1冊のみ
※海外発送は不可
※サイン入れは不可

振込先は下記のいずれかを選択してください

三菱東京UFJ銀行 小金井支店(店番223)
普通 0957194
口座名義 三浦 満

ゆうちょ銀行
記号 10020
番号 75557901
名前 ミウラミツル

※ご注文者氏名と振込人氏名は必ず同一氏名でお願いします。
※注文フォームより申し込み完了後に代金をお振込みください。
※振込み期限は2月3日までとします。

受付終了後にすべての振込みを確認後、発送準備を開始します。
注文のみで振込みのない方は注文キャンセルとして扱い、申し込みリストから削除させていただきます。
料金不足の場合は個別に別途連絡を差し上げて振り込んでいただきます。

購入予約受付期間
1月20日(土)10:00 受付開始
1月31日(水)18:00 受付終了

部数限定 200部
※予約受付期間内に200部に達した場合は、その時点で受付を締め切らせていただきます。

お届け予定日:2月中旬

受付終了となりました。

※注文確認の返信メールは自動発信されません、確認等はお手数ですが、当事務局まで直接ご連絡をいただければと思います。

営業日:月曜日〜金曜日 営業時間:10:00〜18:00