一般社団法人マンガジャパン 第4回定時総会 開催

平成30年7月24日(4)東京都豊島区雑司ヶ谷地域文化創造館にて第3回定時社員総会を開催しました。

正会員(議決権を有する会員)69名中、出席正会員47名(委任状含む)の出席となり

マンガジャパン定款14条により出席者過半数ををもって第4回総会は成立しました。

総会は第4期(平成29年6月1日から平成30年5月31日まで)の活動報告とそれに伴う事業の報告書と決算報告書の説明、

次期第5期(平成30年6月1日から平成31年5月31日まで)の活動予定事業予定と予算書について、

任期満了に伴う次期理事の改選案、また定款一部加筆など各議案項目について報告と丁寧な説明があり、

質疑の時間を経て採決が図られました。今回の総会も出席会員の承認を得てつつがなく終了しました。

総会閉会後7月のオープンミーティングを行い、場所の終了時間となり解散しました。

総会への皆様のご協力に感謝いたします。

マンガジャパン 会員原作!81プロデュースよる朗読ライブ!

6月2日 東京都笹塚の81ライブサロンにて

原作 里中満智子先生の「あした輝く」
原作 佐佐木あつし先生の「美少女戦士ランドセルン」
を題材に朗読ライブが行われました。

「あした輝く」では
54話の壮大な物語の中から
物語の中でも鍵になるようなシーンを抜粋。
里中先生作品の大ファンでもある津久井教生さんが
あらすじと人間関係を説明しながら
声優さんたちに情感たっぷりに読み上げられる
数々のシーンは、
目の前にキャラと絵が浮かんでくるような朗読で、
漫画「あした輝く」を読みたくなるものでした。

また、「美少女戦士ランドセルン」は
レーザー光線や爆発などの効果音も
声優さんたちが声で再現!
アニメでキャラクターが動くかのような
イメージを覚えるとても臨場感の朗読でした。

次回は10月27日に朗読劇が開催予定です。

マンガジャパン・デジタルマンガ協会合同 早春の会2018開催

2018年3月19日(月)、マンガジャパン・デジタルマンガ協会合同「早春の会」を東京・都市センターホテルにて開催致しました。

本年は予想をより遥かに多くのマンガ家・企業の方々にご来場いただき、また出席した所属会員が一丸となって会を盛り上げ、例年を超える大盛況となりました。
マンガジャパン設立初期から親交のある前法務大臣・岩城光英先生にもお越しいただき、ご挨拶をいただきました。

会場内には石ノ森萬画館や(株)G-Too、(株)ワコム、加賀電子(株)製品体験コーナーを設置。
鳥取県や高知県、和歌山県湯浅町、そして来年のアジアMANGAサミットの開催地である北九州市に、ご参加いただき、それぞれPRを行いました。
またマンガジャパンが事務局を構える豊島区からは高野之夫区長。トキワ荘の原寸大復元計画である「(仮称)マンガの聖地としまミュージアム」についての進捗を壇上でご説明いただきました。

また、2月で起きた台湾花蓮地震のために、チャリティーオークションを行い、6月のアジアMANGAサミット台湾大会の際に現地の運営組織に売り上げを寄付いたします。

最後に「早春の会」へご協力をいただいた会員の先生方、企業の方々、誠にありがとうございました。
来年は今年以上に盛り上げる会にいたしますので、なにとぞご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「第11回日本国際漫画賞授賞式」参加報告

2月23日,飯倉公館にて第11回日本国際漫画賞授賞式及びレセプションが開催されました。

「日本国際漫画賞」は,外務省が,海外への漫画文化の普及と漫画を通じた国際文化交流に貢献した漫画家を顕彰するもので,平成19年に麻生太郎外務大臣(当時)が創設した賞です。第11回目を迎える今回は60の国・地域から326作品の応募があり,最優秀賞1作品(コロンビア),優秀賞3作品(フランス,ウクライナ,台湾),入賞11作品が選ばれました。

授賞式では,最優秀賞及び優秀賞の受賞者に対し,岡本三成外務大臣政務官から賞状が,里中満智子審査委員長からトロフィーが授与されました。岡本政務官は,挨拶の中で,今回の受賞作品は秀作ぞろいであるとした上で,漫画文化の更なる発展と,漫画を通じた国際的な相互理解の促進のため,皆様の温かい御支援をお願いする旨述べました。また,里中審査委員長からは,本年度は例年に比べてもレベルの高い作品が多く,共通しているテーマは「命」や「存在」である旨述べ,漫画の発展の歴史に触れた上で,今後もこの文化を更に発展させていってほしいとの講評がありました。

授賞式には,審査委員の一本木蛮氏,三浦みつる氏,熊田正史氏,由利耕一氏,実行委員の白石さや氏,杉山恒太郎氏,フレデリック・L・ショット氏,安藤裕康(独)国際交流基金理事長をはじめ,国会議員,著名な漫画家,出版関係者,文化関係者等が多数出席し,授賞式後に続いて行われたレセプションでは,受賞者との交流が行われました。

受賞者は,(独)国際交流基金の招聘プログラムで来日し,授賞式への出席のほか,出版社,アニメーションスタジオ,漫画関係ミュージアムなどを訪問します。

外務省ホームページより

スライドショーには JavaScript が必要です。

「としまマンガ・アニメフェスタ」活動報告

先日告知いたしましたマンガジャパン協力「としまマンガ・アニメフェスタ」開催!の活動報告をいたします。

2月17日,18日特別企画では会員の三浦みつる先生と山田ゴロ先生がトークショーを行い、手塚治虫先生と石ノ森章太郎先生のマル秘エピソードを語ってくれました。

また、企画ブースでは会員の石山東吉先生、つかお先生、ねもと章子先生、ひのもとめぐる先生、山田うさこ先生が似顔絵を行い、2日とも大盛況となりました。